『CEATEC2019』出展のお知らせ

2019年10月15日(火)~18日(金)

CEATEC 2019

萩原電気グループはこの度「CEATEC 2019」に出展する運びとなりましたので、ご案内申し上げます。
今回の展示では、萩原エレクトロニクスからは「『ハイスピード顔認証システムによるロケーション・履歴管理』と『ブロックチェーン技術を用いた安心・安全な検査データのトレース』」、萩原テクノソリューションズからは「機械学習プラットフォームと人とモノの所在管理システム」をご紹介いたします。ご多忙中とは存じますが、是非ご来場賜り弊社ブースにお立ち寄りくださいますようお願い申し上げます。

展示会名 CEATEC 2019
会期 2019年10月15日(火)~18日(金)
時間 10:00~17:00
会場

幕張メッセ ホール3

京葉線「海浜幕張駅」徒歩5分

小間番号 E048
出展社

萩原エレクトロニクス㈱

萩原テクノソリューションズ㈱

入場料 無料( 全来場者入場登録制 )

出展内容
(展示内容は変更する場合がございますのでご了承ください。)

ハイスピード顔認証システムで『ロケーション管理・履歴管理』

iPhone,iPadのカメラを活用し、アプリのダウンロードで簡単に導入できるクラウド型『ハイスピード顔認証システム』を実装したIDによる個人の所在エリア確認『ロケーション管理』と滞在時間把握などの『履歴管理サービス』を提供します。
他にも、顔認証による出退勤管理、現場での所在探索や行先指示、特定者の徘徊監視、ホットスポット分析等様々な用途に応用が可能です。

安心・安全な『検査データのトレースソリューション』

登録された検査員をデンソーウェーブ社のSQRC®と顔認証を連携させたソリューションによって特定いたします。
その特定された検査員と検査の結果データを、萩原エレクトロニクスが提供するブロックチェーン上で管理し、データの改ざん等を防止いたします。
SQRC®と顔認証の連携ソリューションはサーバレスで実現しており、N/W環境が厳しい現場においても活用が可能。また、ブロックチェーンは、データの変更だけでなく、ファイルの変更もできない仕組みをご提供いたします。

RFIDで所在探索と所在管理を実現「Process-ID」

モノとRFIDの情報を紐付けて“場所の特定”や“正確な在庫数”を管理するシステムです。
所在管理を適正に管理することで工程の着手開始・着手完了を把握可能になります。
モノのステータスを適正に把握することにより“日報作成”、“棚卸作業”などの定例業務の工数削減にも役立ちます。

機械学習プラットフォーム『RapidMiner(ラピッドマイナー)』

RapidMinerはプログラミング不要で本格的な予測・分析ができる機械学習プラットフォームです。機械学習を行うにはPythonやRなどのプログラミング言語の習得が必要となりますが、ドラッグ&ドロップの簡単な操作で高度な機械学習ができるため、グローバルレベルでユーザー数を大きく増やし、高い支持を得ています。
データ加工(前処理)からデータの可視化、モデル作成、モデルの評価、運用までを一つのプラットフォームで実現でき、作成したモデルやオペレーターを使って条件の最適化(最適解の発見)も行います。

屋内外位置測位『Live Location Service』

株式会社Social Area Networksが開発した、LoRa・BLE・GPSの3つのアンテナを内蔵したJcardによる新しい位置測位システムです。屋外はGPS測位、屋内はビーコン測位を行い、LoRa"S"無線を使い位置情報を送ります。

CONTACT

製造業のIT・組込・FAは
萩原テクノソリューションズにご相談ください

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください

お役立ち資料は
こちらから

ページトップへ戻る